Official
Site

クエスチョン

数ある総合建設会社のなかで
「佐藤工業」を選んだ理由は?

尊敬と憧れに導かれるまま、同じ道を選ぶ
私の父親も建設関係の会社に務めていて、小さい頃、完成した現場に連れて行ってくれました。「この道路はお父さんの会社が作ったんだ」と教えてくれる父親の姿がとても誇らしかったのを覚えています。そんな背中を見ていたこともあって、建設業に興味を持ち同じ道に進みました。“親の背を見て子は育つ”とは、まさにこのことだと思います。
クエスチョン

現在の主な仕事や、
これから取り組んでみたい事は?

ゼロからの“モノづくり”を体感する
私の主な仕事は工事現場で工程管理や資材の発注、施工業者との打合せ、安全管理です。最近では任される仕事も増えた分、学ぶことも多くなりました。1年目は何をしたらいいか、何を聞いたらわからずにいた時、先輩から「自分で考えて行動することが、知識になり経験になるから」と言われ、探究心を持って仕事に取り組むようになりました。
いまの現場は震災時に駅や家屋が津波で流され更地になってしまった場所。しかし今では新しい駅ができ道路も整備され家屋も立ち始め、復興を目の当たりにして“モノづくり”へのやりがいを感じています。震災がきっかけでこの仕事がしたいと決めたこともありますが、街の復興はもちろん将来は「地図に残る仕事」をしたいですね。
クエスチョン

学生の皆さんに、
「佐藤工業」について一言PRを。

会社の基盤となる人材育成に注力
当社の仕事は、資格がないと現場で仕事をすることが困難です。そこで資格取得やスキルアップなどの人材育成に力を入れています。資格取得試験には学科と実地の試験がありますが、実地試験前の1週間は現場の経験が豊富な先輩たちが付きっきりで指導してくれます。社員のスキルアップをしっかりサポートする。県内でもトップクラスの施工実績を持つ当社だからこそできることだと思います。

並木さんって、「どんな人?」

女性事務員

誰からもかわいがられる、いじられキャラ
仕事の一つ一つがとても丁寧で、そして真面目なんです。そのおかげで私もよく指導を受けることがありますが(笑)現場で信頼できる、頼もしい存在ですね。とにかく仕事は100点満点。でも実は、誰からもかわいがられる、現場の「いじられキャラ」でもあります。

並木さんの一日

6:30〜起床

7:30〜出社

工事内容や施工業者との打合せ、その日の進捗予定を確認。

7:45〜朝礼

8:00〜仕事開始

現場では記録写真の撮影や安全管理が仕事。天候不良の日は、一日デスクワークの時もあるとか。

17:00すぎ〜

事務所に戻り、現場の進捗や写真などを整理。翌日のためにしっかりと段取りを。

19:00〜退社

現場近くの宿舎に帰り、上司や施工業者の皆さんと楽しく食事をして、一日の疲れをいやします。